適切な語学教室の選び方

近年、より国際社会化現象が進み、英語、中国語を中心に語学教室に通う人々が増加しています。また経済成長が著しい国々の言語であるポルトガル語、ヒンズー語、ロシア語などは、特に人気が出ています。
これは、ビジネスを目的にする場合が多いのと、最近では経済の低迷が続く日本では雇用がままならないので、これらの新興国において、現地採用を目指して語学教室に通い、学習する人達が増えているからです。

ただし、課題もあります。
これら新興国の言語は、まだまだ日本ではマイナーなので、語学教室でも比較的大手に相当するところでしか取り扱われていない実情があるのです。
更には、大手の語学教室であっても、どこまで受講者のニーズに応えることができているのかも気になるところです。

よく聞くのが、集団受講です。
これは教科書のカリキュラムに合わせて口を揃えて発音し、学習する方法です。
本来、このような集団受講は初心者には良いのですが、短期間で成果を得たいと考える場合は、マンツーマンのレッスンを受けられる語学教室の方が良く、特に新興国の言語を習う際には、なお更マンツーマンがおすすめです。

これは、日本語でも見られる傾向ですが、やはり外国語も時代と共に変化していく面が多分にあります。
マンツーマンで学習する場合、教科書どおりのカリキュラムだけでなく、講師からそのような生きた生の最新用語を聞き、学び取ることが容易な環境であるからです。
またその他に、語学教室を選択する際の重要点として、必ず中間、終了試験がある学校を選択する必要があります。一定レベルに達した事を、成果として確認できる学習スタイルが最適なのです。