高校受験

中学校から高校へ今は高校は誰でも行きます。受験は大変なものです。中学3年生になると
学習のレベルがあがります。高校入試も難しいものが出題されます。なぜこのように難しい
かというと、隣の県に馬鹿にされたくないから問題をひねって出題するそうです。
しかし、公立高校の試験は良いところをついていて良問題が多いです。大学のセンター試験
のような問題が出題されています。高校受験で落ちた生徒はかわいそうです。クラスでも
1人か2人くらいの人数ですから立ち直るのに時間がかかるといいます。1年浪人するのはかわいそうだ
と仕方なく後期の入試で行きたくない高校へ入学している子供もいます。学校の先生は自分に責任が
あるので安全な方法をとらせようと必死です。塾の先生は責任がないので言うだけ言うのです。
受験する子供にとって何が大事か見てあげる必要があります。一番は将来何の職業について仕事を
したいかということを早めに決めておいた方が受験にたしてのモチベーションも違うだろうし、高校選択の仕方から違うでしょう。地方の公立高校は一時期普通科ばかりが乱立していました。多様な学部は
私立の高校しかありませんでした。今はやっと英語科、数学科、福祉科などおもしろい学部がでてきましたが、私の高校のころは、多様な学部がなかったのでつまらない高校生活を送っていたような
きがします。やりたいことがある高校生にとって目的の学部が身近にないことほどつらいことは
ないのです。受験生の皆さん入試まであと少しです体調に気をつけて頑張ってください。